富士山ガイド
English
Chinese
korean
検索
フォントサイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイトの現在位置
トップルートガイド吉田口登山道ルートガイド (本八合目〜山頂)
 
2011年7月25日 更新
印刷用ページを開く
吉田口登山道ルートガイド (本八合目〜山頂)
本八合目から山頂までルートをご案内します。
本八合目より山頂方面をのぞむ。
八合五尺のご来光館です。ここは山頂まで最後の山小屋。
トイレ休憩や水分補給をお忘れなく。
白木の鳥居が見えたらいよいよ九合目です。標高は約3600m。
道幅が狭くなっていますので、しっかり山側(内側)によって歩行しましょう。
鳥居を越えたら山頂はすぐそこです!
九合鳥居を越えますと、迎久須志神社が現れます。
現在は閉鎖されていますが、一昔前はこちらで九合目の焼き印を押してもらえました。
山頂直下150mは再び岩場になります。道幅が狭いので、渋滞の原因にならないように、
ゆっくり登りたい方は左側、休まず登りたい方は右側を登りましょう。
休みたい時は、道幅の広い場所で通行の邪魔にならないように。見上げれば山頂はすぐそこに見ることができます!
山頂直下の鳥居です。階段を上ってコーナーをまわれば、いよいよ吉田口山頂です。
最後の苦しい登り、焦らずゆっくり一段一段すすみましょう。
頂上の久須志神社です。お参りをすませ、頂上の石碑で記念写真をとりましょう。
山頂には四つの山小屋があり、温かいうどんや豚汁が食べられます。冷えた身体を温めましょう。
時間があればお鉢周りにいきましょう。ゆっくり回って一周約二時間の行程。
アップダウンもある厳しい行程ですので、高山病の症状がある方は、残念ですが無理せず、下山しましょう。
富士山浅間大社奥宮です。シーズン中はこちらに郵便局も併設されています。
最高峰の剣が峰です。
以前は富士山レーダーが設置されていましたが、現在は取り払われ、富士吉田市に保存されています。
夏の早い時期にはまだ残雪を見ることができます。
最高峰の剣が峰への登りは馬の背と呼ばれ、最後の難関です。
非常に滑りやすいので、ゆっくり慎重に登りましょう。
おめでとうございます!最高峰剣が峰に登頂です。
もう日本にこれ以上高い場所はありません。お鉢を背に記念撮影をしましょう。
剣が峰から見るお鉢の全体像です。お鉢には合計8つのピークがあります。
お鉢には二つの火口があり、こちらは小内院と呼ばれています。
尾根上には釈迦の割れ石、雷岩が見られます。
山頂にある伝説の金名水です。
頂上のわづかな落差によって雪解け水が湧く泉で、古来からご神徳があるとされてきました。
吉田口山頂の浅間大社、通称・久須志神社です。
下山は登りよりも早いペースで降りられます。
落石を落とさないために、必ず、山側(内側)を歩きましょう。
リンクはこちら
本文終わり
ページのトップへ