富士山ガイド
English
Chinese
korean
検索
フォントサイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイトの現在位置
トップ富士登山の準備と計画富士登山装備品解説富士登山の服装に関して
前のページへ 
2015年6月17日 更新
印刷用ページを開く
富士登山の服装に関して
ウェア・服装の基本レイヤリング(重ね着)について
では、まずは基本の登山ウェアの着方について説明します。
先ほども述べたように、まずは自分の持っている服をいくつか選んで、登山に適したものをレイヤリング、つまり重ね着することを考えてみましょう。登山服は一枚か二枚だけでいいと思っていてはいけないんです。というのも、登山において、上り始めと下山時では、かなり寒暖の差がでてきますので、自分の体温を調整できるように、何枚も服を重ねて着ることが大切になります。特に汗を吸収しやすい服を何枚も着ておき、体が熱いと感じれば、着脱し、体温をコントロールすることで、登山時の疲労をかなり軽減することができます。
透湿性素材雨具について
さて、登山ウェアでも、特に重要になってくるのが、透湿性素材雨具、つまり防湿性のウィンドブレーカーです。
身体の安全を守るためには、必ず必要になってくるので、これは登山ショップで購入しなければいけません。特にゴアテックスウェアが初心者にはお勧めで、これを着ることで、登山時に、雨が降ってきた場合や、冬場の登山で、身体から体温が奪われることを防ぐことができます。そして、ゴアテックスは雨に濡れても蒸れることなく、汗などの水蒸気を通すことができるので、不快感なく、体温を下げすぎず上げすぎずキープすることが出来ます。
防寒着は富士登山の必需品!!
さて、最後にもう一つ登山時に大切な服として知っておくべきは防寒着です。
特に冬場はかなり寒くなりますので、しっかりと防寒着を着ることが必要になってきます。防寒着はレインウェアの下に着用し、素材としては山用ダウンジャケットやフリースを防寒着として選択するといいでしょう。山用ダウンジャケットやフリースは軽く、保温性が高く、しかも吸汗性も優れていますので、初心者の方にはお勧めです。街で着るようなダウンジャケットだと、厚手なので、身体を動かしにくくしてしまいますし、また収納も大変になります。山用のダウンジャケットであればコンパクトに収納が可能となっており、しかも保温性が高く重宝します。着脱もしやすいので、ちょっと熱くなった場合には、脱いで体温を下げ、寒くなれば、また着込むとよいでしょう。
本文終わり
前のページへ ページのトップへ