富士山ガイド
English
Chinese
korean
検索
フォントサイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイトの現在位置
トップ富士登山の準備と計画富士登山装備品解説富士登山その他の持ち物まとめ
前のページへ 
2015年6月26日 更新
印刷用ページを開く
富士登山その他の持ち物まとめ
一度は富士山登山に挑戦してみたいけど、何を持っていけばいいのか分からず戸惑う人は多いでしょう。荷物を余分に持って行くと登山に余計な体力を使ってしまいます。逆に少なすぎると不慮の事態に遭遇した際、適切な対処ができないという事態にもなります。
富士登山 持ち物・装備の重要性
山の天気は変わりやすいとよく言われますが、富士山においても同じです。登山する時に晴れていたとしても急に雨が降ってくることがあるため、防寒対策が重要になります。レインウェアなどの雨具と体温を下げないための防寒用ウェアは用意しておくいいでしょう。登山初心者は特に雨具を忘れがちになりますので注意しましょう。また、雨天時には足元が滑りやすくなるため、トレッキングポールなどといったステッキ状のものを地面に突きながら歩くと登りやすくなります。

晴天の場合、富士山には太陽光を遮る木が少なく直接肌で受けることになりますので、日焼け止めクリームも用意しておくと役立ちます。
富士登山7、8月と9月の装備の違い
9月ともなると地表付近でも涼しさを感じ始める頃です。富士山の頂上付近に至ってはかなり冷え込むと思って準備をした方がいいでしょう。ズボンやTシャツは7,8月の時は汗を逃がす素材のものを用意しますが、9月からは濡れても冷たくない化繊のものにすることと、ウィンドブレーカーのような風を遮断してくれる防寒着を着用、靴下も厚いものや2枚履きにするなど暖を逃さない工夫が必要です。

荷物に余裕がある方は保温ポットに暖かい飲み物を入れておくとホッとしますね。
富士登山の防災対策に備えた準備
 富士山は活火山です。突発的な噴火や落石、転倒の際に頭部を守るためにもヘルメットを着用を推奨いたします。天候もそうですが落石などの可能性も考慮しておいた方がいいでしょう。富士登山ルートは危険度の低いルートが選ばれていますが、事故が無いとも限らないため、万が一の落石に備えてヘルメットやゴーグルも携行しておきましょう。ヘルメットはヘッドライトを付けられるものを用意すると暗闇の中でも周りを見渡せるため便利です。その際は予備電池も用意しておくと安心です。

他にも、長持ちする携帯食料、すぐに連絡が取れる携帯電話、日の入り時刻を確認するための腕時計なども備えておくと、緊急時に役に立ちます。

登山の際は事前の準備がとても大切です。面倒がらずにしっかりと準備を進めて登山を楽しみましょう。
本文終わり
前のページへ ページのトップへ