印刷実行  閉じる
今年2016年は小縁年の申年です。
富士山は、申年のなかでも、60年に1度やってくる庚申(こうしん・かのえさる)の年に誕生したという伝説があります。
この庚申の年には、通常禁止されている女人の登山が途中まで許されたり、一度で三十三回分のご利益があると言い伝えられ、
多くの登山者が訪れたといいます。次回の庚申御縁年の年は2040年です。

また、12年に一度訪れる「申年」を「小縁年」と呼んでいます。これは他の干支に比べるとめでたい年とされています。
2016年は申年なので、他の干支に比べご利益のある申年の富士登山を楽しんでみてはいかがでしょうか。
本文終わり